テーマ:落語

古猫は防災の日も居眠りするだけ

   一雨降って涼しい朝は、寝床で過ごすミミ    馬に食われることもない槿(むくげ)も盛りを過ぎた 9月3日(月)   晴時々雨       33度位上がる? 一昨日9月1日が「防災の日」であった。防災関係のTV番組を見ていたら、 天災地災の予知の研究の中で、動物の異変予知能力が利用できないか研究を していると報じて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季オリンピックを6回観た古猫

  音楽は背中で聞く古猫   垣根の頂上に咲く朝顔 2012年8月14日(火)   朝曇り 昨夜13日の夜、13日のブログを1時間ばかりかけてほぼ書き終わったところ で、もう一枚写真を入れようとアップロードのボタンをクリックしたら、 画面が消えてしまい、せっかく書いた記事も写真も雲散霧消した。悔しくてバカら しくて収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫はお暑いのがお好き?

暑苦しい部屋の隅で日中を過ごすミミ エアコンが入っている居間では顔を向こうに アジサイの時節はあっという間に過ぎた(6月29日写す) 7月31日    晴         予報最高 33度 7月半ばを過ぎて以降、30度を超す日が続いている。蝉の鳴き初めが 遅い気がしたが、この一週間は周辺の木々から文字通り時雨の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老猫は梅雨の晴れ間も眠る

玉座で眠呆けるミミ 団地の庭に咲くホタルブクロの一群 6月18日(月)  うす曇り午後晴   27度 ブログを一カ月以上休んだ。老猫の生活誌を記すのが目的であるが、 老人間(女)が5月初めから体調を崩して、なかなか回復せず、6月半ばになって やっと元気になったという事情があり、老男はその間猫の生活誌なんか書く余裕 が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫もやっと暖房が不要の日和になり喜ぶ

暖房を入れてない居間で転寝をするミミ 団地通路のハナミズキが花盛り 4月29日(日)    晴   22度位 今朝は6時30分にミミは階下へ降りてきて、私たちの起床を促す如くに 三声四声大声で鳴いた。この2,3日で朝の気温上がり、ミミは夜中も 暖房が点いている「暖房ーる小屋」へ入って寝ないで、外へ出てソファの 上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫は古猫並みの春を過ごす

ロンドン・オリンピック水泳選手選考の放送を背に膝上の古猫 4月8日、国立博物館裏の庭園(春草庵)の桜 4月19日(木)   うす曇り    16度位 桜が散る時節になっても、春は名のみの、という文句が使える薄ら寒い 気温である。前回のブログが3月28日で気温14度と記している。 ブログの記述が大分間遠くなった。古猫ミミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫は春眠暁を覚えなかったり覚えたり

おだやかな春日の中で春眠の続きをむさぼるミミ 椿の大輪が春日を謳歌しています 3月28日(水)      晴後曇り     14度? 今朝は7時20分起床。20日の春分以降、夜明けは早まっているはずだが ミミは私ども飼い主が起きださないと寝小屋から出てこない。こちらはお陰で 春眠をむさぼることができて助かっている。先日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫前線異常なし、飼い主に異常多し

 三寒四温のゆるやかな春の訪れを寝て待つ古猫     1か月遅れて咲く近所の梅林の梅 3月16日(金)    晴     12度位 この一週間のミミは、早朝に鳴き叫ぶこともなく、体調の不振もみせず、 ほぼ定例の行動で日を過ごしている。 つまり、7時30分に人間が起きて居間の暖房を点けるのに合わせて、 「暖房ーる小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫は雪の朝にも驚かず

頭をなでられてうっとりのミミ やっとほころび始めた梅の花に雪が 2月29日(水)    朝方雪降り 午後雪は止み曇り  5度以下の冷温 7時30分起床。昨夜10時30分に帰宅した折にはまだ雪の気配は なかったが、今朝は屋根も道も真っ白の雪景色になっていた。 ミミは特別の挨拶をしなくても、ストーブを点火させる音を聞くと「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春が待ち遠しい古猫

カーペット暖房にくつろぐミミ 寒さの中でも夏ミカンは色づく 2月17日(金)    晴後曇り     外気7度位 例年より寒い日が続くが古猫ミミは比較的健康な(そうな)様子である。 深夜に起きてきてカリカリ餌を食べて、水を飲み、砂トイレで用を足して いるようだが、餌と水の残量から察すると予定量を食べて飲んでいる。 ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初雪や古猫歩かず梅の花なし(字余り)

初雪の外へ出ないで女主人と寝ているミミ(1月20日) 寒中に元気な花、水仙 1月21日(土)    氷雨 外が寒いからだろう朝方ミミが鳴かないので、私は寝過ごしてしまう。 昨朝は、この冬初初の雪化粧だった。昔のミミであれば冷たい雪であっても 縄張りの見回りは欠かさず、外へ出て行った。あるいは好奇心を刺激されて 白一色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブの味をしめた古猫

     ストーブを点火せよと鳴きせがむ古猫      ストーブの温風の前で、極楽顔のミミ 1月16日(月)     終日薄曇り    冬日らしい冷え込み 7度位 朝の気温は、この一週間5度以下に冷え込んでおり、おかげでミミは 朝方鳴き騒ぐことはなかった。たとえ小用のため寝床から出てきても 寒いから急いで「暖房…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫は22歳になる(予定の)新年を元気に迎える

     2011年12月31日 NHK定番の「9番」合唱に背を向けるミミ  2012年1月1日 ウィーン・フィル「ニューイヤーコンサート」を迷惑そうなミミ 1012年 1月7日(土)  快晴      外気10度位 新年になり早くも7日を経過する。年末年始のお天気が良くて、ミミは風邪も引か ないで新年を迎え、この一週間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

膝上で後ろに談志の落語を聴く古猫     パンジーの鉢を背に日向ぼこ 12月30日(金)      晴      気温10度位 朝5時頃ミミが鳴いていたが、しつこくは鳴かないで居間へ返って行った。 私は7時過ぎに起床、カリカリ餌の皿は舐めたようにきれいになっていた。 ミミは餌がなくなったと文句を言ったのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫にクリスマスケーキは不要

石油ストーブの温風排出口に近い電気カーペット上がお好み 12月26日(月)    快晴     気温は10度位 最近一週間は、朝方の冷え込みが厳しく、毎朝屋根に霜を見る。 ミミは、5時頃に小用を足し、カリカリ餌を食べるため階下へ降りてきて いるが、声も発せずに「暖房ーる小屋」がある居間へ返ってゆく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫を拾う時は母指球が余分に付いた猫を選ぶこと

カネノナルキの前で意に介さないミミ(猫に小判の図)      ミミに絵を見せたら閑人をせせら笑って逃げる 12月15日(木)      晴    気温18度位 無風で暖か 今朝のミミは早朝の鳴き声を上げず大人しかった。気温も余り低くは なかったようで、今週に入って屋根に真っ白な霜が下りていたのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和とは、仰向けの猫の寝姿とみつけたり

暖房寝床から尻尾だけ出しているミミ     街路樹の黄金葉も散ってゆく 12月10日(土)     晴      気温8度位 昨日9日朝は、言葉通り氷雨が降り、気温も1月並みの低さだったという。 家内は、7時過ぎにその氷雨の中をGバッグを背負って出て行った。私は ほぼ2年間サボっている間に、体がGクラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界一長寿猫になれるか?

暗くなっても外へ出たいとせがむ古猫      黄葉が美しい団地の小路 12月7日(水)    午前晴       気温15度位 昨夜(火)は、NHKの現代風ドラマ2作を見たので、就寝が遅くなった。 ミミは、私たちが起きている間、つきあって起きている。というより、 膝へ上がって人間との接触を楽しんでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「だんしがしんだ」がミミは生きています

世の中の騒ぎを知ってか知らずか、何を考えているのやら        11月25日(金)     快晴     気温18度 朝冷え込んできた。老猫には炬燵が入った防寒小屋はさぞかし気持ちの よい場所であろう。今朝もミミは起きてくることはなく、私たちは7時過ぎまで 安眠できた。 本日は私が掃除をする日であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日も古猫の昼寝と老人テニスには好日和

年寄り猫には 暖かい日射しが何よりの御馳走      ユリノキの落ち葉が乾いた音を立てる 11月17日(木)    穏やかな晴    室温22度 今朝のミミは大人しかった。昨夜、虎ノ門の落語会からの帰りが11時過ぎ になったので、ミミが寝不足になったためか、あるいは朝が冷え込んで、 寝床から出てくるのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫は二度めのインデアン・サマーに目を細めている

    再度の小春日和(インデアンサマー)に気持ちよく眠りこけるミミ  メジロが残り柿を突きに来る(確かにメジロを写したはずだが、さてどこにいるか?) 11月14日(月)   晴     室温24度 今朝ミミは5時頃に2声鳴いて私も目が覚めた。家内が部屋を出ようとしたのと ミミが階段を降りてきたのとかち合ったのだ、と後で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫は寒いと油を舐めて体を温める?

天ぷら油をなめようとゴミバケツを覗く古猫            氷雨に震える小さなキク(なにキク?) 11月11日(金)    雨   室温23度(暖房止めると18度) 朝6時にミミに起こされるが、また寝入る。再度目が覚めたら8時だった。 ミミは寒くてよく寝られなかったのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古猫の元気は本物か?

足元へ来て膝へ上がりたいと懇願するミミ      顔をなでられると目を細めて喜ぶ(みたいな)表情をする 11月10日(木)  曇り    室温23度(暖房入れる)  外気は16度位 朝6時頃に、ミミは起きてきて大きな声で鳴く。とろとろと寝りの世界を漂って いたが、そのうち向かいの部屋で家内が起きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の古猫は終日秋思

  古猫が秋思の時を過ごす(秋眠かもしれない) 11月6日(日)   小雨     室温22度 朝6時頃、ミミは一声、二声鳴いたようだが、はっきり目が覚めたのは 7時頃である。居間へ上がっていくと、ミミの寝床から「ミャウ」と 挨拶があった。私から挨拶を返すと寝床から出てきて、相手をさせ られるので、私は黙って台所へ入り乾か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more