本日も古猫に異常なし

             朝の目覚めのミミ(新寝床に慣れてきたようだ)
画像

10月26日(水) 快晴  室温 24度(外気最高気温は20度以下というが)
今朝は7時半までぐっすり寝ていた。
ミミのカリカリ餌の音も聞かないし鳴き声も知らない。
鳴いたかも知れないが、こちらが寝むい時は、猫が鳴こうが
泥棒が入ろうが人事不省で寝るもんだと身にしみてわかる。

昨夜は、NHKTVで10時から保険金にからむドラマの最終回を
見て、続いて「ビターシュガー」というアラフォー3人女の愛だの
すべっただのの物語も見た。「SEX & CITY」の和製版のよう。
就寝は12時近くだった。ミミもその時間まで起きていた。
今後しばらく、私たちが夜中までTVを見て、ミミを寝させないよう
にすれば早朝に起こされないで寝ておれるかと文字通りの
愚考する。

カリカリ餌を食べないのはいいとして、ミミは夜中にトイレにも行か
なかったのか心配なので、トイレの砂を見たら、小さい塊が砂に
まみれて転がっていたので、猫は夜中の活動をしていることを
知り安心した。

朝食後、ソファで新聞を読んでいる私の膝へ上がりたい「アウ」と
いって私の顔を窺がう。仕方なしにOK合図(膝を手の平でたたく)
すると上がってくる。要求を受け入れてくれたミミの喜びの声は
「グルルル」である。(ルは巻き舌のRである)
          ~~~~~~~~~~~~~~~
午後は、むかし職場で共に苦労した中高老人たちが近所のM氏
宅へ集まるというので、私も呼ばれる。
すでに退職後10年~20年を経過した者どもが、昔の会社幹部
や今の幹部の無能ぶりを嘆いても詮無いことだが、話せば
すっきりするらしく、段々と活気づく。

本日は、猫の尻尾の役割の考察を披露する予定であったが、
時間不足で他日を期すことにする。
      ミミの尻尾を撮ったが・・・・・、役割考察論文に使えない
画像







"本日も古猫に異常なし" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント