冬至もX’masも元気な古猫

  プリムラの花と一緒に日向ぼこのミミ
画像


  日向ぼこで寝込んでしまう
画像

 兄宅から送られてきた蜜柑、オレンジ、柚子
画像


12月26日 水  快晴  気温は低い 7度位
今朝はミミが鳴かないので、私どもが起きるのはゆっくりだった。
12月に入り、早朝(6時頃)」室温が下がるとミミは居間から下りてきて、
暖房(石油ストーブ)を点けろと要求して鳴く。朝はエアコンを点ける前に
室温を上げるために石油ストーブを使っているのだが、ミミの好みは
ストーブの温風の吹き出しの前に寝そべって体を温めることだ。
余り早朝の時、鳴いても知らんぷりをしていると、たいていは諦めて
寝小屋のある居間へ返ってゆく。
しかし、つい情にほだされてストーブに点火してやることがある。すると
その後4,5日は要求がしつこくなる。年寄り猫の知恵だ。

今朝はそんなこともなく朝食の用意のため起きる。
居間へ入ると、ミミも寝小屋から出てきて、さっそく石油ストーブの前で
大きく鳴くのでストーブを点けてやる。朝食後新聞を拡げると、膝へ
上がってくる。いつものパターンである。
10時頃、日が一杯のベランダを見て外へ出たいとせがむ。
動物の要求はかなり本能的で生理的な道理にかなっているものが
多いので、日を浴びたいという要求はビタミンD不足にならないよう
つまりクル病防止のために要求しているに違いないと解釈して
ベランダへ出してやる。30分もすると日光浴を満喫して部屋へ
入れろという。
目下のところ、体調に異常がなく、この調子で行けば無事今年も
年末を越しそうである。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    主任「むかし家今松」の看板が立つ末広亭
画像

昨夜25日は新宿末広亭で贔屓の噺家の高座があるので聴きに行く。
行きがけに、渋谷ブンカムラの「白隠展」へ立ち寄る。私らごときが
分かる世界ではないと思いつつも、達磨像の迫力と布袋やお多福の
優しさに感じるものがある。一つ目達磨の画があった。一眼国の
達磨である。意図するところは明らかでないらしい。
末広亭は菊之丈の代演、燕路から聞く。喜多八は「短命」。短命の
理由を覚らせるため身振りを交えて教える場面で、手をたたく
観客がいる。困った客だ。喜多八もあんな場面はさらりと見せるのが
粋というものだ。
歌之介は坂本竜馬伝を元筋において、落語ではなく座った漫談。
今松は「鼠穴」。季節のネタとはいえ、こんな大ネタがさらりと出た
のに驚いた。弟が火事ですべてを失い兄へ、借金を頼むのに
兄がにべなく断る。これに弟が約束が違うと食ってかかる場面の
迫力は、物凄いものがあった。今松の芸だ。
末広亭の前の焼肉屋で小宴。
    終演後の末広亭
画像











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック